仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1702件)

講師コラム

2017-01-11

BONSEKI「盆石」無心になって安らぐニッポンのアートを体験!

Hayama

Lessons Sendai

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

レポーターの葉山です。
みなさまお正月はいかがお過ごしでしたか?

初詣に、お雑煮、おせち、日本酒、カルタ、福笑い、初売…
のんびり過ごしながら、
「あぁ日本のお正月っていいなぁ〜」としみじみ感じていました。

そんな素敵な国、ニッポンの文化。

実は、あなたの身近なところでも、古来から伝わる「ニッポンのアート」があふれています。

今回、ご紹介するのは  「盆石」 BONSEKI

黒いお盆の上に、
石を配し、白砂をまき、
自然の景色を作り上げる日本の伝統芸術です。

自然がおりなす表情が描かれる、小さな世界。

全体を眺めたり、
部分を眺めたり、

素晴らしい表現世界に、ただただ見入ってしまいます。

景色だけではなく、
こんな可愛らいしい動物の姿を石で表現したりも。



ちょっと敷居が高い?日本の伝統芸術ですが、

実は、とっても気軽に習うことができるという情報が入りました!!


ここ仙台で、盆石レッスンを受けることができるんです!!

教えてくださるのは、藤崎 君巴(ふじさき きみえ)先生。



柔らかな物腰と優しい笑顔がチャーミングな藤崎先生。

仙台を代表する盆石のお師匠さんであります。

先生作の赤富士。

すべて砂で描かれているんですよ!!圧巻の美しさです!!


「石には大きなエネルギーがあると伝えられているんです、

触れているだけで心が安らいで、解きほぐれていきますよ」

「おお〜!ますます、気になります!」



では、さっそく盆石体験スタートです!!

盆石には「お手本にする絵」があり、

日本各地の名勝がたくさん載っております。

 こちらは、奈良の三笠山。

 

飛行機も車もない時代。
昔の人々は、きっとこの絵を見ながら、
行ったことのない遠き土地に、想いを馳せていたのでしょう。

しみじみ…

「では、初めてさんは、こちらから始めましょう」

 

この見本を元に、盆石を作っていきますよ〜!

ドキドキ、ワクワク。

まずは、岩や山を表す大きな石を選びます。

たくさんあって、迷います〜。

様々な形に、微妙な色の変化。

この石たちを見ているだけでも、おもいしろい〜!

「よし、この石でいきます!」

 

お手本の絵をじっくり見ながら、配置を決めていきます。



では、石で描いていきますよ〜!
石英(せきえい)という、8段階ほどに大きさが別れた石を使います。


大きいサイズの石から、配置していきます。

「う〜ん、どこに置いたらいいのかなぁ〜」「ここ?いやなんか違う、迷うなぁ」

でも大丈夫!初めてでも、先生がじっくり教えてくださるので、なんとなくでも形になってきますよ!


「羽」や「さじ」など、
伝統を感じる、味わいのある道具たち。 

道具1つ1つも、なんだか背中がまっすぐしゃんとしたくなるような、 佇まいです。


さじを使って、置いていくのですが、初めは緊張してなかなかうまくできず。


お、だんだん慣れてきましたね〜!

いつもの3倍、真剣な表情の葉山です(笑)

だんだん小さな石に進んでいきます。




砂を寄せて、線を描いていきます。
羽は、このように使うのですね〜!



だんだんと、描くのに没頭して、無口になる葉山。
心地よい静寂が訪れます。



最後は、波を描く作業です。

ふるいにかけて…

 

盆の上に描いていきます。



微妙な力加減が、難しい〜!

次に、羽を使って「波」を表現します!


羽の端の部分を使うのですね!



想像以上に、難しい!

でも、うまく波が出来た時、とっても嬉しいのです!


先生の、あたたかくご指導のもと、
なんとか完成させることがことができました〜!

無心になって、石を置いたり、羽で描いたり…
時が経つのを忘れて、小さなお盆の上の世界ににどっぷり浸かった時間。

とっても心安らぐ、ステキな盆石体験でした。


教室にいらしてた、生徒さんたち

川の流れが白砂でこんなにリアルに表現できるなんて!
驚きです!!

道具類もたくさん揃っているので、
わざわざ買い揃えなくても、すぐ始められます!


素敵な和の装いで、制作中の方もいらっしゃいました。

カッコイイですね!!

新春らしい、日の出の作品。
石と白砂で、静と動がこんなにも豊かに表現できるなんて、驚きです。

 そして、完成した後の盆石は、その姿をとどめておくこともできますが、

ほとんどは、元の黒い盆の状態へまっさらにしてしまうそうです。

そのはかなさ、日本らしい諸行無常の美意識が流れているような気がしますね。


情報が溢れ、時間に追われる、現代の私たち。

ふと、心を無にして、夢中になる時間が、癒しを与えてくれます。

道具も、知識もなくても、すぐ始められます。 

ぜひ、盆石の体験、してみませんか?


ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

〜石と白砂の伝統芸術〜

細川流 盆石 "藤の会"

代表:藤崎 君巴
場所:宮城県仙台市青葉区大町2-3-1 プラウド仙台青葉通307

日時:予約制 木曜日以外の午前、午後、夜間

「見学自由・無料体験あります」
お問い合わせは、こちらのお電話へどうぞ

022-222-5842 

ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー

 

 

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1702件)

Lessons Sendai