仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1714件)

講師コラム

2017-04-12

有名アスリートや才能を開花させている著名人の幼少期には共通点があった

by りんごほっぺ

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

浅田真央選手が現役を引退されましたね。

 

幼い頃から見てきただけあって、親戚のおばちゃんのような感情になってニュースを見ていました。

 

と同時に、まだ26歳にして長年世界のトップ選手として活躍し続けたことの凄さ苦悩。

生活の全てをスケート中心にして目標に向かい続けた強さ。

 

彼女は私達の心に色々なモノを残し、色々なことを背中で教えてくれていたな・・・っと、本当に感謝の気持ちでイッパイになりました。

 

 

さてさて、そんな浅田真央さん。

幼い頃から英才教育を受けていたのかと思いきや、フィギアスケートを始めたのは5歳からなんですね!

お姉さまとスケートリンクに遊びに行き、フィギアに出逢ったことがきっかけだったそうです。

 

 

っということで今回は、有名アスリートや才能を開花させている著名人が、その分野を始めた年齢やきっかけをリサーチしてみました!

 

入園・入学、進級シーズン!

何か新しいことを始めようとしている方の、1つの参考になれば嬉しいです。

リサーチしてみて面白いことがわかったので、是非その結果も参考にしてみてください♪

 

 

野球のイチロー選手

メジャーリーガーのイチロー選手は、3歳の頃にバットとボールで遊び始めたそうです。

本格的に野球を始めたのは小学3年生の頃で、地元のスポーツ少年団に入り日曜は練習、練習のない平日はお父さんと毎日キャッチボールをしていたとか。

6年生の頃には既に“将来は一流のプロ野球選手になりたい”と、自分の夢を掲げています!

 

参照元http://www.bing.com/images/search?view=detailV2&ccid=XuheODgB&id=94EC50D4D4E03F0DE02A7AC63EE561703B9CCB2A&q=itiro-&simid=608047150112245761&selectedIndex=3&qpvt=itiro-&ajaxhist=0

 

将棋の羽生善治さん

将棋界で初の7タイトル独占を達成した羽生善治選手は、小学1年生の頃に友達から将棋を教えてもらったことがきっかけだそうです。

その後2年生の頃に将棋に熱中している我が子を見てお母さんが将棋の大会へ申込み、それがきかっけで将棋道場へ入り腕をメキメキと上げていったそうです。

 

参照元http://www.habu-muso.com/

 

サッカーの本田圭佑選手

本田圭佑選手は、小学2年生でサッカーを始めたそうです。

お父さんからワールドカップでプレーするペレのカッコいいプレーのビデオを何度も見せられたのが、サッカーを始めるきっかけになったとか。

小学校の高学年の頃には、プロになるという願望を強く持ち始めたそうです。彼の中ではプロ=海外への挑戦っというものがあり、その頃から海外でプレーする自分をイメージしていたそうです。

 

 参照元http://matome.naver.jp/odai/2140675057082497101

 

日本の華道家、假屋崎省吾さん

假屋崎省吾さんは園芸好きの両親のもとに生まれ、小学生の頃から「趣味の園芸」や「きょうの料理」「婦人百貨」などを定期購読していたそうです。

華道を始めたのは成長して大学生のとき。自分を表現するための職業がないかと探していた際に、教室に入門したのが始まりだったそうです。

 

参照元 http://www.kariyazaki.jp/profile/

 

 

いかがでしたか?

ここまで5名の方々のきっかけや年齢を見てみて、1つ気付いたことがありました。

 

それは「親」や「家族」が関係していること。

 

 

まだ幼い子どもが“好き”を“得意”に、そして“自信”に繋げていくためには、親や家族の影響やサポートは、とても大切で重要ということがよくわかりました。

 

 

持っている才能を開花させ、仙台から世界へ羽ばたいていく人が増えていったら、仙台人としてはこれ以上ない喜びですよ♪

習い事が、そのきっかけとなれば嬉しいです。

 

 

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1714件)

Lessons Sendai