仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1724件)

講師コラム

2017-07-20

「日本人は英語が苦手!?」後編

by りんごほっぺ

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

「英語が話せない!」と諸外国から思われがちな我々日本人(T ^ T)

前編でお伝えしたように、日本人のアイデンティティが英語を話せなくさせていたとしたら、日本人が英語を上達させるにはどのように学ぶのが良いのでしょうか?

我が子には英語に苦手意識を持たず、楽しく身につけて、英語という道具を武器にグローバルでビックな男になって欲しい!っと密かに企らんでいる私は、さらに疑問が増えました^^;

今回は、そんな溢れる疑問・質問を先生にぶつけてきましたのでご紹介します( ´  ` )

Q、英語は何歳から学ぶのがいいですか?

A.最適な年齢については、さまざまな見解があり一概に言うことはできませんが、どれくらいの英語力を求めるか…にもよります。

例えば、ネイティブ並みの会話力を求めるのであれば、それこそネイティブと同じ環境で、生まれた時(0~1歳)から英語脳になるよう家庭でも働きかける必要があるでしょう。

一方で、日本語の習得が遅れる可能性があるとも言われているので、コミュニケーションやビジネスで使える英語力を求めるなら幼児期や小学校低学年が、私は最適だと思っています。

 

【幼児期から始めると・・・】

勉強という概念ではなく、遊びの中で英語に触れ感覚的に身につけていけるので、難しいと良く言われるLRの発音の違いも全然違うじゃ~んっとなります。

 

【小学生以降になると・・・】

自分の意思が伝えられる能力も備わる小学校低学年から始めると、英語のコミュニケーションの楽しさを覚えて語学力が身につきやすくなります。

一番”習い上手”な時期であり、英語の”感覚”を身につけるには最良の時期なので、ここでやるかやらないかが、大きな違いになると思います。

 

【大人になると・・・】

ハッキリとした目標を持って学ぶので、モチベーションが高く、頑張り次第でぐんぐん伸びます。

留学する方も多くなっていますが、必ずしも留学しなくても英会話を身につけることはできます!また、留学する場合も、行く前や留学中そして帰国後も英会話を学ぶことは必須ですね


いずれにしても英語の勉強は続けることが一番大切!!そのためにもまずは、英語が楽しいと思える経験をたくさん与えることが良いと思います。

 

 

Q、習うなら外国人の先生?日本人の先生?

A、日本人の気持ちを理解して、日本語で的確に説明できる日本人の先生!英語圏の文化にも精通していて”生きた英語”を学べる外国人の先生!と、どちらにもメリットがあります。

私は、その両方のメリットを取り入れたペアティーチングをオススメしています。

 

 

Q、日本人として「間違ったらどうしよう」という不安を持つ人は多いと思います。レッスンで工夫されている点はありますか?

A、とにかく子供たちが声に出したことを認めること!間違ってても良い!完璧でなくても良い!を実践しています。

まずは会話を楽しむこと!学ぶ過程で子供たちが自然に理解し、練習し、気づいたら話せるようになってる。というレッスン内容にしています。

いかがでしたか?

確かにレッスンを見学させていただくと、「日本人講師による単語のインプット」があったり、「外国人講師と一緒にロールプレイで実践」があったり・・・そして子供が喜ぶご褒美シールや賞状も^^

何より良いなと感じたのは、一人一人の子供に合わせた内容のレッスンで、英語の楽しさを色々な角度から教えてくれるということ。

母としては「自分の子供をちゃんと見てくれている」というのは一番の安心でした!

今回お話を伺ったのは・・・ 『サンシャインイングリッシュ』の尾形先生

レッスンズスタッフの子供が実際に参加させて頂いた体験レポートの様子はこちら

 
  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1724件)

Lessons Sendai