仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1726件)

講師コラム

2017-08-06

和室のマナー|マナー知らずは相手を不快にさせる?!

by りんごほっぺ

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

和室でのマナーをご存知ですか?

洋室育ちの私は(笑)サッパリ和室のマナーというモノが頭に入っておらず、先日、赤っ恥をかいてしまいました。自分が恥をかくならまだしも、先方に不快な思いをさせてしまったかも・・・っと思うと( ̄◇ ̄;)

いざという時に慌てないためにも、和室でのマナーをしっかりと身につけておきましょう!

 

その1|畳の縁を踏んではいけない

よく昔から「畳の縁は踏んではいけない!」っと私も祖父母に言われたモノですが、その理由までは教えてもらえませんでした。

ダメとは知りつつも、理由までご存知じゃない人は、皆さんの中にもいるのではないでしょうか?

 

理由1 先祖に失礼

今の畳はほとんどが違うかと思いますが、昔は模様や色によって身分を表したり、縁に家紋を描いていたりしたそうです!

畳の縁を踏むということは、家紋を踏むということ。家紋は、代々受け継がれてきた家の大切な象徴ですので、それを踏むというのは、祖先に対して大変失礼な行為に当たります!

 

理由2 傷まないように

近頃は化学繊維で折られた畳の縁が主流ですが、昔は綿や麻などを原料にし染めて作られてきました!

縁を踏んだりして摩擦が起こると痛みやすいし色落ちの原因になってしまうので、丁寧に扱うために踏まないようにと言われてきたようです。

 

 

その2|上座を把握せよ

和室に案内された場合、どこに座りますか?特に案内がない場合は下座に座るのがマナーと言われていますが、下座がどこかわからない( ̄◇ ̄;)っという方もいるかと思います。

 

上座や下座を判断するには、床の間がポイントです!

床の間の前の位置が、上座に当たります。

 「床の間に背を向けて座っていたら床の間の飾りが見えないでしょ〜!床の間が見えた方が良い席でしょ〜!!!」っと思ってしまっていた私でしたが、どうやら勘違いでした(T_T)

 

今は床の間がない和室もありますが、その場合は入り口から最も遠い席が上座となるそうです!

 

 

いかがでしたか?

マナーができた背景や理由を知ると、なんだか面白いし、忘れないですよね!

実は私がやっちまった和室失敗談の1つは、これらではなく“靴下”でした。暑くなり裸足にサンダルで行動していたのですが、和室に素足はマナー違反なんですよね(^◇^;)一緒に行動していた母はサンダルだったにも関わらず、お宅へ上がる際は持参していた靴下を履いていいました。

和室に限りませんが、汗をかいた汚れた素足でお宅へ上がるのは、失礼に当たりますよね(^^;;相手への配慮に欠けていたな〜っと反省。

 

和室に限らず、マナーは礼儀作法であり、相手への思いやり!

できていないと、時に相手を不快にしてしまうこともあるので、TPOや相手に合わせた行動ができるようにしておきたいですね^ - ^

 

レッスンズ仙台では、仙台市内のマナー教室を多数掲載しております。

是非、参考にしてみてください。

 

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1726件)

Lessons Sendai