仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1726件)

講師コラム

2017-08-28

アロマのある生活に憧れて|イギリス式とフランス式の活用の仕方

by りんごほっぺ

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

「アロマのある生活って、なんかオシャレですよね〜♡」って言ったら「アロマのある生活って何?」と質問返しに合いました。

皆さんは、アロマのある生活っと聞いて、どんなイメージをしますか?

 

私は少し前まで、アロマポットで香りを焚いて楽しむのがアロマテラピーだと思っていたのですが、実はもっともっともっと色々な活用方法があったんですね。

アロマはヨーロッパが発祥と言われていますが、その中でも、イギリス式とフランス式では、目的にも大きな違いがあるんです!

 

本日は、そんなイギリス式とフランス式のアロマテラピーの違いについてまとめてみました^ - ^

 

 

イギリス式

イギリス式のアロマセラピーは、精油(エッセンシャルオイル)の香りを通して美容やマッサージ、癒しなど、リラクゼーションを目的として普及してきました。

 

私が「アロマのある生活」としてイメージしていたのも、こっち。日本で市販で買える精油も、この香りを楽しむことを目的として販売されているものがほとんどですよね。

 

 

 

フランス式

フランス式のアロマテラピーは、精油(エッセンシャルオイル)の成分を分析し調合して、治療を目的として普及してきました。

実はフランスでは、精油を医薬品と同じように扱っており、医療行為として使っているのです!

家庭でも救急箱に精油を常備し、病気の予防や治療に役立っているそうです(・Д・)

 

 

まとめ

イギリス式とフランス式ではアロマテラピー目的が違うんですね。

日本はイギリス式のアロマの楽しみ方が主流でしたが、最近ではメディカルアロマと言って、フランス式の精油の活用も頻繁に耳にするようになってきました。

ただ、日本はあくまでも精油は雑貨扱いなので、選び方や扱い方を間違えると危険です。まずは正しい知識を身につけることが大切ですね^ - ^

 

私も、アロマのある生活を色々な方向から楽しむために、日々勉強中です!

アロマのある生活、一緒に楽しみましょう♡

 

レッスンズ仙台でも、仙台市内でアロマについて学べる教室を多数掲載していますので、参考にしてみてください。

レッスンズ仙台 アロマ教室 一覧

 

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1726件)

Lessons Sendai