仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1710件)

講師コラム

2019-03-11

サックス奏者が語る、ピアノかギターを最初に習っておけばよかった理由

by りんごほっぺ

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

先日、あるサックス奏者の方が、サックスを吹けるようになりたいと語る7歳の女の子からの質問の返事の1つで「もし自分が音楽を始めた頃に戻れるなら、最初はピアノかギターから習ってたな〜」と言うのを耳にしまいた!

なぜだろう?と思ったので詳しく話を聞いたところ「なるほど〜」の答えでした。これから楽器や音楽を始めようとしている方の参考になること間違いなしです!

 

ギターかピアノを最初に習っておけばよかった理由

なぜ、ギターやピアノを習っておけばよかったかと言うと、理由は和音楽器だからだそうです。

和音というのは、簡単に言うと二つ以上の音を同時に鳴らして合成された音。その音が出せる楽器が和音楽器です。その和音楽器の代表がピアノなどの鍵盤楽器やギターなどなんですね。

 

ではなぜ、サックス奏者が「サックスを始める前に和音楽器をから習っておけば良かった」と言ったかと言うと、それは

  1. 音の重ね方や音の配置が身につく…どういう音を重ねるとどういう音色になるのかが理解できるようになります!作曲などに活かせるし、音に強くなります!
  2. 正しい音が身につく…楽譜のドレミファソラシドは、実はピアノ基準!ピアノ基準の楽譜でサックスを吹こうとすると、音階を変えて演奏する必要があり、音に弱いと苦労するそうです。
  3. 音に対する感受性が身につく…和音を奏でることで、寂しさだったり、楽しさだったり、寂しさだったり、激しさだったり、色々な表現をすることができるようになります!音に対する感度や表現力を高める能力に繋がります!

という理由だそうです!

とにかく、正しい音に強くなっている(ベースができている)と、後からどんな楽器を演奏することになっても、楽なんだそうです!

っということで、サックスを始めとする単旋律の楽器をやるなら、最初に和音楽器をやってから始めるのがオススメな理由でした!

是非、習い事を探す時の参考にしてみてください^ ^ 

 

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1710件)

Lessons Sendai