仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1582件)

講師コラム

2019-10-24

夢は水泳選手!スイミングスクールの「選手コース」について調べてみました

by りんごほっぺ

Lessons Sendai

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

いつの時代も子どもの習い事トップ3に入っている「水泳」!幼い頃からスイミングスクールに通っている子は多いですよね!

そして、子どもがどんどん泳げるようになってくると、考え始めるのが“競技の道”です。

 多くのスイミングスクールでは、そんな“もっと本格的に水泳をしたい”“将来は水泳選手になりたい”“競技の道に進みたい”といった人たちのための「選手コース」というのを設けられています。

今回は、そんな夢のある「選手コース」の特徴について調べてみました!

 

選手コースとは?

選手コースとは、地域や全国レベルの大会に出場したり、出場して上位入賞を目標にトレーニングをはかるコースです!

「楽しむ水泳」から「戦う水泳」へと変わるので、当たり前ですが練習も求められることもハードになります。

 

 

選手になりたい!誰でも選手コースになれる?

「選手コースに行きたい!」と思っても、基本的には誰でも選手コースに入れるわけではありません。

一般的にはコーチからの推薦が必要になります。

っというのも、選手コースは他のコースよりも練習時間や練習回数、練習内容がハードになるので、正直続けていけない子もいるからです。

なので今までの練習や性格を見てきたコーチが「この子は選手コースでもやっていけそうだな!」という判断が必要なのです。

 

 

選手コースで親子の生活リズムが大きく変わる!

選手コースに入ると、実は大きく生活リズムが変わります。

大げさに言うと、今までの「水泳=習い事」という感覚から「水泳=人生」と言う、水泳が中心の生活へと変わっていきます。

 

年齢によって練習頻度、練習時間、練習内容は変わるようですが、週4~6回くらいの練習頻度に毎回30005000メートル程の距離を泳ぐんだとか。

 

もちろん水泳だけ集中していれば良いと言うわけではなく、学校や宿題もありますし、学校の部活がある子もいますし、124時間しかない中でかなりハードな生活になります。

 そして、子どもだけじゃなく、親の負担や心配事も増えるかと思います。

 

 

それでも選手コースは魅力たっぷり

なんだかマイナス的要素が多くなってしまいましたが、魅力がある分、そのくらいの覚悟が必要なのが「選手コース」です!

お子様が「やってみたい!」「試してみたい!」のであれば、挑戦してみる価値は大いにあるかと思います!

 

コースの指導方針やコーチとの相性もありますし、選手コースの詳細は各スイミングスクールによって違いますので、詳細はスクールを見学・相談・確認してみてくださいね^ ^

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1582件)

Lessons Sendai