仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1582件)

講師コラム

2019-11-04

【必見】レザークラフトの動物の種類と革の特徴を調べてみました!こんな違いがあったのか〜

by りんごほっぺ

Lessons Sendai

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

動物の種類によって、革の特徴が色々と違うのをご存知ですか?

先日レザークラフトの体験レッスンを受けてきたのですが、その際に「好きな革を自由に選んで良いよ~!」と言われたのですが、たくさんの革がありすぎて、どれを選んで良いか悩んでしまいました。

今回は、そんな動物の種類別革の特徴をご紹介します^ ^

 

牛革

最もメジャーな革といえば、牛革ですね!

牛革は、繊維が綿密で丈夫なのが特徴です。鞣し方や加工による種類も豊富で質感、厚み、固さ、色などを様々なバリエーションから選ぶことができるのが牛革の良さです。

鞣(なめ)していない状態を「皮」と呼び、鞣したものを「革」と呼びます。

 

豚革

牛革の次によく使われるのが豚革です!

牛革より安価ですが、軽くて薄く摩擦にも強くて耐久性・通気性が良いです。表面に毛穴があるのも特徴です。

 

羊革

羊革はなんといっても、柔らかなでさらっとした触り心地が特徴です。また断熱効果がある革でもあります。繊維が粗いので、強度が求められる製品には不向きです。

 

馬革

馬革は、皮が薄く、軽くて柔らかいのが特徴です。ですが農耕馬の尻部分から取れる「コードバン」という部分は、牛革の数倍の強度と密な繊維構造を持っています。

 

動物の種類の違いはもちろん、種類は同じでも加工法が違うと、これまた変わってくる革!ですが、革選びで1番大切なことは、自分でみて、触って、気にいるかどうかだそうです^ ^

是非、参考にしてみてください♪

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1582件)

Lessons Sendai