仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1146件)

講師コラム

2021-05-27

作ってみよう!家庭に取り入れる簡単薬膳レシピ|梅雨のむくみ編

ありんこ

Lessons Sendai

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

仙台市内で薬膳教室「すまいるりっつ」を主宰する大坪律子先生。

季節や体質に合わせた食材や調理方法のレッスンが人気です。

今回は、身近な材料でできる梅雨のむくみ対策レシピを教わりました。

 

薬膳と梅雨のむくみ

薬膳

――いきなりですが、薬膳ってなんですか? 漢方薬をすりつぶして料理に混ぜるイメージがあるのですが・・・

 

大坪律子先生(以下大坪):薬膳とは季節や体質、生活環境などに合わせた食材を選んで調理することです。例えば、冷え性の方は「身体を温める食材・調理法」を選んで調理します。

 

――夏の暑い時にキュウリが美味しい!と食べたりするのも薬膳ですか?

 

大坪:そうですね(笑) たしかにキュウリには体を冷やす作用があるので、理にかなっていると思います。薬膳は陰陽五行説や気血津液学説など中医薬学の理論と臨床経験に基づく中国の伝統医学がベースになっています。中医学の特徴の一つに「弁証論治」があります。わかりやすく言うと、対象の人の体質を見極めて、その体質に合わせた治療法・養生法を決めていくということです。例えば、冷え症の方には「身体を温める食材」を、のぼせやすくて乾燥しがちな方には「身体の熱を冷まして潤す食材」を、ストレスが溜まっている方には「巡りを良くする食材」を使って調理します。また、体質だけでなく、季節や生活環境に合わせた薬膳もあるんですよ。

 

――なるほど ではこれからの季節「梅雨」と薬膳について教えてください

 

大坪:人は気候や環境の影響を受けます。湿気が多く「湿」の影響を受けやすい梅雨の時期は、身体がむくみやすくなったり、重だるく感じます。

梅雨の時期は五行説で言うと五臓のうちの「脾」の季節です。「脾」の働きは消化機能や水分代謝機能などです。「脾」は「湿」に弱いため梅雨の時期は消化機能水分代謝機能が低下しやすくなるんです。そこで、梅雨のむくみ対策は、「脾を補う食材」を選んで調理します。

 

―― 「脾を補う食材」って何ですか? できれば近所のスーパーで買えるもので^^

 

大坪:梅雨のオススメ食材は、豆類、トウモロコシ、インゲン、米、山芋、カボチャ、玉ねぎ、パプリカ、生姜、海藻類、鶏肉、鯵などです。そして梅雨の時期は生ものや脂っこいものの取りすぎに注意しましょう。

 

――全部身近な食材ですね。 では最後に何かレシピを教えてください。簡単な(でも見た目が良くて美味しい)ものでお願いします^^

  

彩り豊かでお腹も満足!梅雨に食べたい薬膳レシピ

豆とひじきのサラダ

薬膳レシピ

□材料(4人分)

ミックスビーンズ缶 約120g

ひじき(乾) 5g

パプリカ 赤1/2個

パプリカ 黄1/2個

  • 粒マスタード 大さじ1
  • 酢 大さじ2
  • 醤油 大さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • コショウ 少々

 

□作り方

①ひじきは浸水して戻し、熱湯でサッと茹でてザルにあげておく。パプリカは1㎝角に切っておく。

②ボウルに●の調味料を入れて混ぜる。

③②にミックスビーンズ・ひじき・パプリカを加えて和えてできあがり。

 

大坪:切って和えるだけですので、簡単にできると思います。彩りも良いのでお弁当にもいかがでしょうか。薬膳の知識を取り入れて健康維持や未病対策に役立てていただきたいです。

 

料理教室すまいるりっつ

薬膳講師写真

主宰:大坪律子

資格:国際中医師/国際薬膳師 だしソムリエ認定講師/豆腐マイスター認定講師/フードアナリスト認定講師/野菜ソムリエプロ/スパイスコーディネーターマスター/麹クリエイター/おから再活プロデューサー/食育インストラクター2級/健康管理士ほか

住所:仙台市青葉区木町通2丁目

電話:090-7402-2689

ホームページ:http://smileritz.net

 

  • facebookボタン
  • hatenaボタン
  • facebookボタン
  • hatenaボタン

仙台最大級の習い事・教室情報検索サイト(1146件)

Lessons Sendai